フォトフェイシャルの作用

昨今よく耳にするフォトフェイシャルには、さまざまな効果があります。フォトフェイシャルの効果は、しみやそばかす、たるみの射出など、お皮膚の若返り効果があるといいます。似たような美貌手当てにレーザー発光がありますが、フォトフェイシャルとはどこが違うでしょう。フォトフェイシャルでは、IPLと呼ばれる専用の灯を皮膚に置きます。美貌効果としては、たるみやしわの引き締め、面皰痕やあから面構えの射出、毛孔を目立たなくすることです。肌にできる黒い色素に反応するのがレーザーによる加勢で、皮膚の赤みや茶色みに効果が得られます。フォトフェイシャルは皮膚全体に効果のある美貌手当ての技だ。皮膚のしみやそばかすは、メラニン色素によってつくられています。フォトフェイシャルを割りふる結果、メラニン色素を体の外に出します。フォトフェイシャルの灯を浴びた皮膚はコラーゲンをつくる稼働が高まり、お皮膚の弾性がアップするといいます。コラーゲンを全身でつくる稼働は、とある年齢に達すると低下してしまいます。美肌を保つには、夕食などでのコラーゲン飲用が必要です。フォトフェイシャルが美肌に良いとされているのは、コラーゲンをつくる効果を高め、皮膚をより良い病状望めるためです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ