断食によるリバウンドの原因に対して

カロリーを大いに摂らずにおけると、ウェイトは減少するでしょうが、体躯にプレッシャーが激しく、リバウンドのリスクも高まります。スリムになるために減量に力を入れてきたのに、リバウンドしてしまっては、頑張った甲斐がありません。食品の容積を切り落とし過ぎると、体躯継続に必要な養分が供給されなくなって、体躯は飢餓状態に陥ってしまいます。出来るだけ体のキャパシティーを維持する為に高熱返済を切り詰め、少ない食品も移す事が出来るようにカラダが変わります。摂取する食品の量が足りていないといった、筋肉量もゆったり減ります。身体が飢餓状態になっているときに、減量前の量の食品に急に戻してしまうと、カロリーの余裕パイが多くなる。減量中央の食事制限で代謝が低下しているために、食品量をすぐに返すと、カロリーが使い切れずに残ってしまうというわけです。食品量を制限していたまま代謝が減っているって、元通りの食品量になれば活かし切れないカロリーが多くなり、太りやすくなります。食事制限後にリバウンドをする状況がこれに相当します。断食を行うとウェイトは減少しますが、その後に今まで通りの生活にするとまた元のウェイト、若しくはそれ以上に増えて仕舞う事があります。高熱の返済量が極めて減った状態になっているのは、断食終了後からおそらく1か月程度は継くとされています。リバウンドをしない減量をしたい場合は、減量が終わった後の食品量は、少しずつ戻していくようにください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ